今話題の民泊ビジネス

昨今、民泊ビジネスが非常に注目されています。

 

日本へ訪問する外国人観光客が急激に増加する中で、Airbnbなどを介した民泊需要が激増。民泊用に部屋を貸し出すビジネスが、新しい不動産ビジネスとしても注目されています。

 

2020年の東京オリンピック開催を控えて、訪日外国人はますます増加すると予測されているなかで、既存の宿泊施設は明らかに不足しています。民泊には、この需給ギャップを埋める役割が期待されています。

 

民泊は、圧倒的に需要過多・供給過少の状態にありますので、参入するなら今が絶好のチャンスです。そのうえ、訪日外国人のおもてなしという社会的な意義もあり、様々な異業種からの参入も続いています。

 

民泊ビジネスを後押しする法整備も進んでいます。時系列的に簡単にまとめてみます。

 

@旅館業法

旅館業法は1948年に制定された法律で、ホテルから民宿まで、日本の宿泊事業は、現時点で、基本的に全てこの旅館業法の規制を受けています。

 

現時点で、有料の事業として宿泊業を営むのは、建築基準法、消防法、旅館業法の3つをクリアする必要があり、非常にハードルが高くなっています。

 

A特区民泊

旅館業法のハードルが高く、宿泊施設の需給が逼迫する中で、2015年10月に、政府が指定する国家戦略特区の諮問会議で、旅館業法の特例が定められました。

 

一般の住宅などを宿泊施設として活用する、いわゆる民泊に関する事業計画が認定されたのです。大阪府全域、東京都の大田区が対象となっています。

 

B民泊新法

特区民泊は地域を国家戦略特区に限定したものでしたが、特区民泊を契機とした民泊ビジネスへの関心の高まりもあり、特区に限らない新しい法律の制定が行われました。

 

国会での議論を経て、2017年6月9日に『住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)』として成立。早ければ2018年1月に施行される予定です。

 

民泊新法が施行されれば、日本全国どこでも民泊の運営が可能。自治体への届出制で(許可制ではありません)、建築基準法、消防法の規制は受けません。開始にあたってのハードルもぐっと低くなりました。

 

民泊新法の施行を契機に、民泊ビジネスは日本全国に一気に拡大することが期待されています。

 

住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)の要旨
・自治体への届出制
・家主居住型と家主不在型に分類
・家主不在型については運用代行会社への委託が義務
・年間180日間の営業制限あり(施設メンテナンスを考慮)

 

家主不在型では運用代行会社への委託が義務

住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)では、家主不在型については運用代行会社への委託が義務と定められています。

 

これは、家主が不在の状態でも、部屋の清掃やゴミ出しなどのメンテナンスは日常的に行う必要がありますので、民泊利用者の保護という観点からも必要な措置です。

 

民泊ビジネスに参入を考える個人のなかには、民泊ビジネス用の不動産(部屋・家屋)を、新規に購入したり、賃貸したりすることを考えている人も多くいます。

 

つまり、数の上からは、家主不在型が中心になると考えられているわけです。(逆にそうでなければ、家主の数しか民泊は増えませんから、ある意味当然の流れです)

 

このため、民泊の運用代行会社が今非常に注目を集めています。

 

民泊運用代行の手数料

民泊運用代行に必要な手数料は、現在、売上の20〜30%程度が標準的なラインです。

 

民泊運用代行事業は、今まさに市場が創られていく段階ですので、今後の変動もあるかも知れませんが、手数料以上に重要なのは、民泊を運営する上でのコンサルタントとしての機能です。

 

民泊成功の3大要素は、次の通りです。

民泊成功の3大要素
・部屋のロケーション(立地)
・部屋のクオリティと宿泊料のバランス
・利用者のレビューの数と質

 

部屋のロケーションとクオリティは最初に物件を探す段階で決まってしまいますし、利用者から好意的なレビューを得るためには、運営代行会社が外国語対応などをしっかり行える体制であることも重要です。

 

物件を探す段階では民泊使用を前提としたコンサルティングを行い、実際に物件を押さえた後は、民泊の諸業務を滞りなく代行してくれる、そのような代行事業者はまだまだ極めて少ないのが現実です。

 

民泊事業を開始する前のコンサルティング、民泊事業を開始した後の運用所業務、そのどちらをも高いクオリティで行ってくれる民泊運用代行会社として、『株式会社イールドマネジメント』をご紹介します。

 

また、民泊事業を開始するなら、インターネット回線(モバイル回線)を合わせて手配することが非常に重要になってきています。民泊専用のポケットWi-Fiサービスとして、『株式会社ファミリアリンク』をご紹介します。

 

民泊運用代行ならイールドマネジメントがおすすめ

イールドマネジメント

イールドマネジメント

株式会社イールドマネジメントは、現時点で、日本で最大規模の民泊運営代行会社です。

 

株式会社イールドマネジメントの特徴は、民泊運営代行会社のなかで唯一、不動産会社でもあることです。

 

このメリットを活かして、民泊物件の斡旋から、チェックアウト後の清掃までをワンストップで提供することが可能です。

 

 

外国語対応については、英語、中国語(繁体字・簡体字とも可)、韓国語の宿泊者向けサポートを、24時間365日提供しているので、宿泊客にとっても大きな安心となり、好レビューが期待できます。

 

国内大手保険会社と提携した、業界初の民泊火災保険を提供するなど、安心・安全面の配慮は申し分ありません。オーナーは事業収益を上げることに集中することが出来ます。

 

これだけのサービス込みで、利用料金は宿泊売上の25%ですから、非常にリーズナブルです。民泊運用代行ならイールドマネジメントが第一におすすめです。

 

ファミリアリンク

ファミリアリンク

ファミリアリンクも、民泊運営代行会社の一つなのですが、通信機器に強みを持っているという特色があります。

 

ファミリアリンクは、民泊事業者にゲストが利用するためのポケットWi-Fi端末をレンタルする『famifi』というサービスを提供しています。

 

『famifi』は、月間通信制限も無し、契約期間の縛りも無し、端末代金も必要無しと、民泊事業者にとっても非常に採用し易いサービスです。

 

『famifi』は、民泊専用のポケットWi-Fi端末として、多言語でのサポートを提供しているのも強みです。現時点では、英語、中国語、韓国語、日本語、4か国語での問い合わせ対応を行っています。

 

月額500円の安心保証も提供していて、加入しておくと、万一ゲストがポケットWi-Fi端末を紛失・破損しても、すぐに交換してもらえます。ゲストが手荒く扱っても安心です。

 

民泊事業は続々と競合の物件が登場してきますので、ポケットWi-Fi端末を提供できるのは大きな差別化要素になります。これから民泊事業を始めるなら、ぜひ『famifi』の導入も合わせて考えてみることをオススメします。

 

 

民泊ビジネスに関心があるなら、まずは問い合わせてみるのがオススメ

民泊ビジネスは、需要と供給に明らかなギャップが存在し、法律の施行もこれからという正に民泊バブル前夜という状況です。

 

専業オーナーとして、あるいはサラリーマンの副業として民泊ビジネスに関心を持っている方は、まずは行動を起こしてみることをお薦めします。

 

その際、事業パートナーにするなら、物件を探す段階からコンサルタントとしても機能してくれて、物件を押さえた後は民泊運用代行としても機能してくれる『イールドマネージメント』がオススメです。

 

『イールドマネージメント』では、電話やメール、LINEでも問い合わせを受け付けています。特にメールでの問い合わせは24時間受付可能ですし、文章でやり取りの履歴が残せますので、お薦めです。

 

民泊バブルはもう目の前まで迫ってきています。
民泊ビジネスに関心があるなら、まずは問い合わせてみることをオススメします。